ストレスとニキビ、巷ではかなり密接に関連していると捉えられているのですが、実はストレスがニキビの直接の原因になっているわけではありません。

しいて言えば、ストレスは間接的なニキビの原因といっても間違いはないだろうと思います。
ではニキビの原因に直接影響を及ぼしているものということは何かというと、皮脂過剰が原因です。
この皮脂過剰はストレスによってかなり影響を及ぼすと言われているのです。

人というのはストレスを度を越して感じた場合などに、体内ではストレスホルモンを発生します。

ストレスホルモンは体内で分泌されると、ビタミンB2の働きを抑制する効果があります。
ビタミンB2は知ってる方も多いでしょうが、肌の皮脂の量を調整しているとても大切な成分の一つです。

肌の皮脂の量を調整しているこのビタミンB2が不足してしまうと、皮脂の分泌のコントロールができない事となり、結果的に皮脂の分泌が増加してしまうのです。

ストレスの影響でビタミンB2が抑制されることにより、結果としてニキビが出来やすくなる原因となるのです。
ですからストレスはニキビの直接的な原因ではないとしても、結局はストレスが原因で皮脂の分泌が過剰になる、そしてニキビができてしまうということになるわけです。

現代はストレス社会と言われているわけで、いかにストレスを解消し、溜めないようにして毎日を過ごすかどうかによって、ニキビができるできないに関連し合ってきますから、ぜひともストレスは溜め込まないような生活にを心掛けていきたいですね。