ニキビ治療に用いられる外用薬の一種としてステロイドについて知ってる人は少なくありません。

ステロイドとは副腎皮質ホルモンのことであり、人体の中で元々作られているホルモンのひとつであり、腎臓の上の副腎で作られているホルモンです。

このステロイドの一番の特徴は、体の中で何らかの炎症が発症している時には、炎症を軽減させる作用あります。
このステロイド剤を使うことによってニキビによる炎症を抑えることの出来るのです。

しかし、ニキビ治療にステロイドを使うことを躊躇しているという人も中にはいらっしゃると思います。

その理由は、ステロイド剤は副作用が強いと言われているからです。

ステロイドはさまざまなに副作用があるといわれているのですが、その副作用は過剰に塗らない限り、気にする必要はないとされていますので、ニキビ治療に一時的に塗布したところで気にする必要はないのではないでしょうか。

ストロイドを使うことでニキビの炎症を抑えることが可能ですが、他の外用薬で治したいと思っている人も多いと思います。

しかし痛みや腫れがひどい場合には素早い効き目があり、すぐにニキビの炎症を抑える効果が高いステロイドを使うことが一番効果が高いのです。

ステロイドは強いという印象がある人もいますけれど、心配であれば病院で診察をしてもらえばニキビの症状に合わせて医師が処方してくれるので、症状が軽い人の場合には強いステロイドは処方されませんので、安心できると思います。

医師の言われるどおりに使う期間などを守れば、副作用もなく、ニキビ治療が調子よくすすむはずです。