ニキビの飲み薬を飲んだことがあるという人はいらっしゃいますか?

ニキビができてしまった処置としては、一般的には塗り薬を塗るというのが一般的です。
しかし、塗り薬だけでなく飲み薬もニキビ治療をする為に効果的な治療方法の一つです。

塗り薬のケースではドラッグストアなどでも市販されていますから、見たことある方も多いと思うのですが、飲み薬は見かけたことがないはずです。
何故ならニキビの治療に使われる飲み薬というのは、皮膚科で処方されるから、薬局では入手できないのです。

もしニキビができて痛みや腫れが伴うほど悪化するのに先立って皮膚科に足を運ぶということはとてもいい事だと言えます。

ニキビが初期の時点にできる限り早く皮膚科へ行っておいたらそれだけでかなり症状を早い段階で抑えられるのです。

しかし、軽い症状の場合には頭では理解しているけど放置してしまうことになっている人も多いでしょう。そうすることでどうしても悪化したり、自己治療方法によって、傷つけてしまったり、場合によっては、跡が残ってしまうということもあるでしょう。

そのため、できる限り早く皮膚科へ行って診断してもらった方がいいのです。

具体的にはどのような薬を飲むのかというと、抗生物質を飲むということがほとんどです。

テトラサイクリン系の抗生物質の場合には、ニキビが悪化してしまう脂肪酸を分解してくれる効果があり、症状を回復してくれるでしょう。

セフェム系やマクロライド系の抗生物質などもニキビ治療用の飲み薬として処方されています。

しかしニキビの飲み薬というのは、即効性が高いためその分副作用も懸念されています。

副作用の例として人によっては立ちくらみが生じたり発疹ができたり、下痢になるという人もいますから、そのような症状が出た場合には、皮膚科の主治医とよく相談し、治療を続けるかどうか検討するよ良いかもしれません。