ニキビが発症すると、つぶした方がごく短時間で治癒すると考えている人も一部にはいることでしょう。

確かに長期に亘って芯が残存しているという風なニキビのケースではそう簡単には炎症が治まらずに一刻も早く芯や膿を摘出してしまわなければならない時もあり得ると思います。

しかしニキビを自分でつぶすというケースとはかなり丁重な注意を図らなければダメなのです。爪でニキビを潰してしまうと、皮膚を痛める事になるのです。

ニキビをつぶして、毛穴の中に存在するニキビの芯、コメドを出しさえすれば早くニキビが治ると勘違いされがちですが、コメドというのは毛穴の中に詰まっている単なる皮脂の塊になります。

この皮脂の塊がアクネ菌の食事と化してアクネ菌がドンドン増加していくことになります。確かに早くこの食事を無くしておけば、アクネ菌の繁殖も減り、ニキビがこれ以上増えることはないと言えます。

しかしニキビを潰すということは現実は肌への負担は大きいというのを理解していたでしょうか?
その場しのぎの意味でニキビをつぶせば毛穴が傷ついてしまいますし、もし毛穴周辺が損傷してしまうと、皮膚に跡が残るということだってあります。

毛孔が傷付いてその位置からまた細菌が入ってしまうとさらにニキビが悪化するという可能性も考えられます。
だからこそニキビを潰す際には、本当に気を付けなければダメなのです。

爪で潰すというのは肌への負担も大きいので、その際に使用される道具が、面ぼう圧子といい、これを使用して行う方が良いと思います。

ドラッグストアや最近ではコンビニなどでも市販されています。もし、自分でニキビを潰すなら、少しでも安全に行えるように面ぼう圧子などの道具を使って芯を摘出しましょう。

もちろんその後は消毒やケアも忘れずに。