思春期といえば、主に中高生、十代を指すことになるでしょうか。
その頃にできるニキビというのはほとんどがホルモンの活発な変化が影響しているもので、敢えて言うなら一過性のものと考られるものです。

けれど思春期を経って20代以降になってから出来るニキビであれば思春期のニキビとは大きく異なっています。思春期のニキビと大人ニキビの異なる所というのは、まずニキビができる箇所からして異なるのです。

特に口の周りに集中してできたり、背中に集中してできてしまう等々の体の一部分にだけ集中してニキビができるという性質があります。

そしてその原因は思春期のニキビの時のように、皮脂が過剰に分泌しているという理由だけではないのです。

思春期のニキビは一時的なケースが多いので思春期のシーズンを過ぎればほとんどできなくなったり、完治する人もいると思いますが、大人ニキビの場合には、長期にわたりできるという人もいます。そうなると体質的な問題となりこれから先ずっと悩める人もいることでしょう。

ニキビは思春期の時なら自然に放置しておいても治っていくことが大多数だったに違いないでしょうが、大人ニキビになると、自然回復することはなかなか困難で、跡が残ってしまうというケースもあります。

けれども、ニキビができたからすぐに医療処置しなければならないと考えて、大量に薬を用いたり、あまりにこまめに洗顔をしたりすると一層ニキビを悪化させることが考えられますし、さらにニキビを繁殖させることにもなりかねません。

思春期のニキビとは異なった、大人ニキビには大人ニキビのお手入れ方法がありますからその対処法を覚えておくと安心できると思います。