実はニキビが出来やすい部位は人によっても変わってきます。

意外にニキビができる箇所は顔だけだと思っている人もいらっしゃいますが、実際はそうではありません。

このニキビができるエリアの違いがどうして生じるのかと言えば、例を挙げると日頃の生活スタイルであったり、その人の食事内容であったり、睡眠時間や運動をするしないなど、さまざまなことが関連してニキビができるゾーンは変わってきてしまうのです。

そしてニキビができる箇所を見れば、だいたい何が原因となっているのか把握できるといえます。

まず顔の範囲内で最もニキビが出来やすい場所として知られているのが、Tゾーンと呼ばれている額から鼻筋のちょうどTの字に見えるところです。
このTゾーンについては皮脂線が数多く存在し、発達しやすいことから皮脂の分泌が他の部分に比べると相当多いのです。それこそがニキビを出来やすくさせている原因なのです。

そして意外にも唇の周辺というのもニキビができやすい場所のひとつになります。唇の周りにニキビができてしまうという人に多いのが、食べ過ぎであったり、脂っこい食事を摂っていることで胃腸の働きが活発でなくなっていることから発生するとも考えられています。

さらにニキビが出来やすい場所としては、あごや首にもできるという人も多いそうです。こちらは主に男性に見られる症状で、その原因が男性ホルモンにあると言われており、男性を悩ませるニキビと言えるでしょう。

ニキビは目の届かない背中のよくできます。
背中にも皮脂線が多くあることから、皮脂の分泌が活発でニキビがとても出来やすいのです。