現在、おとなニキビに悩まされる人が以前よりも増加しているそうです。

なぜこれほどまでにおとなニキビに悩まされる人数が増えたのか、その原因はさまざまであると考えられています。
その理由や要因を解説するに先立って、おとなニキビとは何なのか調査したのでご覧に入れたいと思います。

ニキビと言えば、思春期の中高生など主に10代に多いという思い込みを抱いていた人がかなりいることでしょう。
以前は20代以降に出来るニキビを吹出物といった呼び名で呼ぶこともありましたが、ここ数年吹出物とは言わずに大人になってから出来るニキビをおとなニキビなんて言い方をするそうです。

そのおとなニキビも10代にできるニキビ同様に、皮脂の多い部位やべたつく箇所などに出来やすいと指摘されています。

その種類も10代のニキビ同様に、さまざまなタイプがあります。

例えばおとなニキビのタイプとして頻繁に見られるものが白い膿をもっているニキビです。油のかたまりみたいな芯があって、押すと痛みが生じるケースもあります。
このおとなニキビを強引に爪で潰してしまいますと、皮膚を傷をつけてしまうため、無理やり潰してはいけません。

そしておとなニキビの中には、赤いニキビや黒いニキビなどもあります。もともとは同じニキビでしたが、症状の重症具合に応じ色合いが変容していくそうです。

これらのおとなニキビができる原因としてはイライラなどのストレスが原因であったり、不規則な日常生活が根源とも言われていますし、また偏った食事による栄養バランスが悪いことでおとなニキビができるとも言われてるそうです。