鼻ニキビとされるのは鼻にできるニキビ全般のことを指します。
その場所は鼻の上にだったたり、横にできたり下にできたり様々ですが、顔の中心であり非常に目立つことで気になる方も多いのではないでしょうか?

鼻の表面にできるようなニキビのケースでは塗り薬を使って治療をすることも可能でしょうが、厄介なのが鼻の穴に出来てしまうニキビです。
この場合には塗り薬を塗るだけではおいそれとは完治できないのです。

そもそも鼻ニキビの原因というのは一体何でしょうか。鼻にできるニキビの原因は皮脂が過剰に分泌することに伴い、鼻にある毛穴の詰まったことが原因でできてしまうのです。

一般的なニキビと同じ理由で、悪化してしまった場合には毛穴の中にいるアクネ菌が炎症を起こして膿をもつようなニキビになってしまう可能性もあります。

皮脂の過剰分泌が原因ではありますが、それ以外にも鼻ニキビの原因はホルモンバランスが崩れていることも原因といわれています。

特に鼻ニキビは十代や思春期に出来やすいとして、悩んでいる中高生が多いともいわれています。

思春期は自然とTゾーンとよばれる額から鼻のエリアに皮脂が過剰分泌しやすいといわれているので、そういった背景から鼻ニキビが出来やすいと言われているのです。

成長ホルモンが過度に分泌することこそがホルモンバランスの崩れに影響を及ぼすので、一過性のものとして鼻ニキビができるとささやかれています。

鼻ニキビを治療するやり方ですが皮脂に分泌を低減したり、Tゾーンの皮脂を頻繁に洗顔に取り組んだりして、清潔に保つことなども肝心だと言えます。

日々の鼻のニキビの予防法としてきちんとした洗顔をするということなどもポイントですのではないかと考えます。