ニキビ治療方法の一つとして市販の薬を使うことなくに漢方薬を使うという人も意外にもたくさんいます。

漢方薬は出来てしまったニキビを直接治療するわけではないため、市販の薬よりも即効性が存在しないのがデメリットではありますけれど、そもそもの目的がニキビを治療するということではなくて、体質そのものを改善させてくれるという役割を担います。

漢方薬を飲み続けることでニキビができにくいような体質になると考えられています。

ニキビができる原因はホルモンバランスが崩れていたり胃腸が弱っているというのが原因とも言われていますので、ニキビを抗生物質で治療するという場合には、その時は治療につながるのですが、薬の使用を止めた途端に、またニキビが再発するということはしばしばある事です。

しかし、ニキビに漢方薬治療を用いた場合にはそのニキビそれ自身に働きかけるよりも自己治癒力、免疫力をアップさせるという効果を発揮しますから、ある程度の期間を過ぎてから飲むことをやめたというケースでも、既に体質が改善されていることが多く、そうなるとニキビの再発がないと考えられています。

ニキビの種類やニキビの原因によって飲むべき漢方薬の種類というのは異なってきますから、各自マッチした漢方薬を摂取するということが間違いないでしょう。

漢方薬を手に入れるという場合は、薬局やドラッグストアでも市販されていますが、できれば漢方薬を専門で取り扱っている専門店で、実際の症状を伝えて相談しながら処方してもらうのがベストだと思います。

即効性はないとはいえ、飲み続ける事で、きっと効果は現れてくるではないかと考えます。