ニキビを予防したり症状改善することを考えれば肌の保湿は絶対条件です。

乾燥がニキビの原因になっているとも言われている事からニキビをできにくくするためにも、ニキビ化粧水の利用は必要なのです。

ニキビで悩む人が化粧水を選ぶ場合には、必ず肌の状態を考慮して選ぶことが欠かせません。

ニキビ化粧水といっても一種類ではすべての症状をまかないきれないのです。
乾燥肌でニキビができる人もいれば、オイリー肌でニキビができる人もいるため、同じニキビ化粧水ではならないのです。

自分の肌にちょうど良いニキビ化粧水を選ぶことこそがコツになります。

具体的に言うと、オイリー肌の人は脂っこい肌質であると言えます。その場合、アルコールがはいっているような付け心地がさっぱりとするような化粧水がおすすめです。
この化粧水であれば、少しでも皮脂の分泌を抑えることが可能です。

また乾燥している肌の人というのは、肌の状態があまりよくありません。アルコールを含む化粧水はかえって刺激になりますのでノンアルコールタイプの化粧水を選ぶようにすると安心できると思います。

乾燥肌の人はしっとり感がある保湿力が長けているニキビ化粧水がいいでしょう。

ニキビ化粧水はこのように肌質に合わせて選ぶことが欠かせなくなりますが、共通して挙げられることとしては、どちらの場合も肌に刺激を与えないようなものを選ぶことが重要で、保湿のためにはふんだんにニキビ化粧水をつけてパッティングするなど、肌に保湿成分を注入するようにしてください。