普段コーヒーを飲まない人にはあまり関係のない話かもしれませんが、今回はコーヒーと口臭についてのお話です。

ちなみにコーヒーを飲む人はコーヒーを飲んだ後の口臭は気になりませんか?
気にならない人もいらっしゃるでしょうけど、人は自分の口臭には気づきにくいため気づいていないことも考えられます。

ではなぜコーヒーを飲んだ後に口臭が気になるのかというと、その理由としてはコーヒーの成分にあります。

実はコーヒーに含まれる成分に口の中のPHを下げてしまう働きがあります。
コーヒーを飲んだ直後というのは口の中が乾燥してしまう状態が起こってしまい、一時的に口臭が気になってしまうのだと言われています。

コーヒーを飲んでいくらか時間が経てば自然に口臭は気にならなくなりますが、コーヒーを飲んだ直後の口臭が気になる場合には、コーヒーを飲んだ後に最後に少し水を口に含み、飲み込むことでコーヒーを飲んだ後のあの嫌な口臭を抑えることが可能だと思います。

コーヒーを飲んだ後に少し水を飲むだけでもかなりコーヒーの後の口臭は抑えることができますが、もし可能であれば舌の表面を擦って洗浄するともっと早く口臭を抑えることができるそうです。気になる方は一度試してみてはどうでしょうか。