寝起きに口臭が強い人、弱い人、もちろん人それぞれ違うわけですが、一般的には寝起き時の口臭というのは誰もが普通の口臭とは異なっていますよね。

寝起きの口臭が普段の口臭と全く同じだという人は多くないのではないでしょうか。

寝起きの口臭がきつい理由、それは唾液の分泌量に関係があります。

寝ている間というのは起きている時に比べると唾液がそれほど分泌されません。
唾液が分泌されないということは、自浄作用が休止している状態になるため口の中が乾燥し細菌の活動が活発になりやすく、それが口臭の原因になっているということになりますね。

きっと寝起きの口臭は普段の口臭とは違っているのがメジャーなことではないでしょうか。

しかし寝起きの口臭がとてもきつい人もいます。
そういった場合にチェックしてほしいのが、寝る前にしっかりと歯磨きを行ったかです。

口の中に食べ残しのカスが残ったまま寝ている状態だったということがあるかもしれません。
もし残りカスがあったまま睡眠をとってしまいますと、これに関しては口臭がキツクなるのも当然と言えるでしょう。

寝起きの口臭はおいそれとは全く無臭にするということは難しいと感じますけれど、きつくならないように予防するというようなことは十分に可能だと考えます。

寝起きの口臭の予防には、一言、普段からの正しい歯磨きがとっておきの一手でしょう。