歯石に関してはいかに丁寧に歯磨きをしていたとしても、やむを得ず蓄積してしまものです。

歯石が溜まることは、口臭の原因の一つと言われています。
口臭の原因が何であるか調べる際にまず歯科へ行きましょう。そして、歯石が溜まっていることによって口臭が発生しているということが把握できれば、歯石を取ってもらうようにしましょう。

歯石は自分でもこまめに日々のデンタルケアとして綺麗にしていれば、口臭が気になるということもないと考えますが、なかなか唾液がいまひとつ分泌されないお年寄りや病気などの人の場合には歯石が溜まりやすくなりますのでそれが口臭の元になってしまうことになります。

赤ちゃんにも口臭はありますが、赤ちゃんの口臭が臭くないのは、歯がありませんから歯石があまりたまらないことが原因だそうです。

歯石は一度ついてしまうとさらに蓄積されてしまいます。さらに蓄積されるということは、歯石が増えて口臭がさらにきつくなるということに繋がってしまいますので、歯石が付いた場合には口臭対策として定期的に歯科医院へ通い、検査を受ける事、掃除をしてもらうことで口臭を予防するということが一番大事な事です。

歯科医院は虫歯予防の一環として歯石除去を行っているはずです。ぜひ口臭予防のためにも歯石をためないように、日々の歯磨きをしっかりと行い、定期的な歯科医院での診断を受けましょう。