皮膚科でもニキビ治療ができるという事を見聞きしたことはあるでしょうか?

あまり知られていないのかもしれませんが、皮膚科でニキビの治療ができます。冷静に考えてみても、ニキビは皮膚にできますからニキビ治療は皮膚科の専門領域と言えるでしょうね。

皮膚科でのニキビ治療はどのようなことが行われるのでしょうか?
皮膚科でのニキビ治療というのは、まず多いのが抗菌作用がある薬を処方してもらい外用薬として塗るという方法の他、抗生物質やビタミンなどの内服薬を処方されて飲むことでニキビの炎症を抑えるといった方法が、皮膚科の治療として一般的でした。

しかし実際は軽めのニキビやニキビのでき始めなどには効果は非常に高いのですが、軽い症状の時はあまり来店されない人がほとんどです。
ニキビを放置して悪化してしまってどうにもならなくなってから来店することが多く、上記の治療だけではあまり効果が望めませんでした。

皮膚科での治療でもニキビが治らないという場合には、なかなか大変なことになります。

そうした場合に最近になってニキビ治療として皮膚科が行っている新しい治療方法として「ケミカルピーリング」と呼ばれる方法が実施されています。

ケミカルピーリング治療と称されているのですが、これは美容のため実施されているケミカルピーリングをニキビ治療にも採用しているというわけです。

一般的にはケミカルピーリングは1ヵ月くらいで古い角質をきれいに取り除くという治療法です。

皮膚科でケミカルピーリング治療を行うところもある一方、自宅でもケミカルピーリング治療が行なえるようにするべく、ホームケミカルピーリングセットなどを処方している皮膚科なども広がり続けているのが今の状態なのです。